「十字式健康法で治っちゃいました」の前書きです。





「十字式健康法で治っちゃいました」
 たった1分で背骨がまっすぐに

メタモル出版 海野祥子著
ISBN:4895953149

全国の書店、十字式の各会場、メタモル出版でも、お買い求めできます。



はじめに

十字式健康法を受けてみようかお悩みの方へ 

十字式健康法は、「背骨の歪みは万病のもと」を証明し、矯正する。  宗癒師と呼ばれる施療者が、背骨のねじれたり歪んだりしている部分を、念力や精神エネルギーを入れて矯正する。  
宗教法人日本メノナイト足寄キリスト教会付属十字式健康普及会というところがやっている。

これだけ読んだら知らない人は「何それ?」 「それって、怖い、危ないところじゃないの?」と疑問をもち、「勘弁してくださいよ」と思う人も多いかと思います。  

実は私も、イメージの不思議さから、「そんなアホな!」と疑ってかかって施療を受けに行きました。  

椎間板ヘルニアの悪化で歩けなくなった友人が、一回の施療で「歩けるようになった」と教えてくれた十字式健康法。
歩けるようになったのは、催眠術か、暗示による治療効果か。
 
私は、医者には「治らない!」と、ありがたくない太鼓判を押された側弯症でした。  
背骨が前弯しており、骨の一部が手に触れない状態で、常にどんより重苦さを感じていました。
「治せるものなら治してみてよ!でも、恐ろしいところだったら即効逃げてこよう」と心に誓い、恐る恐る訪ねた十字式健康普及会の品川会場。  

ナント、たった一度の施療で、前弯した骨をほぼもとどおりの位置に戻してもらいました。  
そして、しばらく施療を続けたら、半年間はマッサージいらずの体になっていました。  
マッサージを受けなくても平気でいられる状態が半年も続いたのは、私にとっては驚異な出来事。  

十字式健康普及会を、「不思議だけど、何となくいいのよね」と感じている人は多く、三〇年余りも口コミだけで運営されてきたところです。  
初めての施療から一年後、再度、十字式に通おうと思いはじめた時、その不思議さをもっとよく知りたくなりました。  

宗癒師とはいったい何者なのか? 

十字式健康普及会の正体は?  

宗教法人という名のもとに運営しているけれど、宗教の話や勧誘は一切しない。しかし、それはなぜ?  

私は、少々、身構えながら取材を開始しました。
しかし、取材をすればするほど、目からウロコです。  
そこは、外から受ける怪しいイメージとは裏腹で、中はてたってシンプル、不思議さはぬ ぐえませんが居心地のいい空間でした。  

現代医学とは少し違う医学理論とはいえ、これは何かあると思いました。  

これまでの日本の時代背景などを調べていくと、十字式健康法が「知る人ぞ知る健康法」に落ち着いてしまった理由が何となくわかりました。
 
宗癒師の方たちのほとんどが転職組で、サラリーマンのつらさを味わってきた人もいました。  

十字式健康普及会というところは、人の痛みや苦しみを受け入れ、背骨の歪みを確認して、癒しの技を使い背骨を矯正するだけのところ。  
ただ単に、訪れる患者さんの健康のお手伝いをしている人たちでした。  

宗癒師の方は、「目の前に現れる人の体を楽にしてあげたい」という気持ちで施療しています。  
ただ、それだけの思いで、まるで職人さんのように、訪れる人のつらい症状を聞き背骨の矯正をしてくれています。  

十字式健康普及会は、会場に訪れる人たちとそこで働く人たちのことを考えて、すこぶるまじめに運営されていました。  
しかし、まじめさゆえに、宣伝やイメージなどにはまるで無頓着。
外から受けるイメージなんて全く気にしていなかったようです。
 
十字式健康法は不思議な技だけど、不思議という言葉で終わってはいけない気がしてきました。
 
機会があるならば、検査器具や脳波測定の技術が進んだ今、十字式の技をあらゆる方面 からリサーチすると科学的にも解明していけるのではないかと思います。
 
とにかく、腰痛や痛みに苦しんでいる人体に何らかの不調を感じている人は、ぜひ先入観を捨てて、施療を受けてみてはいかがでしょうか。
 
一回や二回受けただけではわからないかもしれませんが、とにかく、四、五回ほど続けてみると、必ずといってよいほど体によい変化が現れてくるはずです。

海野祥子 



[本の紹介ページに戻る] [十字式健康普及会のページへ]

「十字式」は、有限会社十字式健食研究会の登録商標です。

 

Copyright(C) 十字式健康普及会 2002-2003, All right reserved.
各症状に対する治療内容に関する御質問はメールではお答えできません。



このページはフレーム対応ページです 。
検索ロボットなどからアクセスされた方はこちらをクリックしてフレーム対応にしてください。